イモビライザーとは

海外のパトカー

イモビライザーとは、電子IDを内蔵したカギのことです。配線をつなげてもIDが照合できなければ、エンジンが始動しません。今のところIDを解析するのは不可能とされているイモビライザーの鍵作成をして防犯しましょう。

窃盗された車は

高速道路

車の窃盗は特殊な技術が必要になります。犯行は、組織化された犯罪グループであると考えられています。犯罪組織や反社会性力の資金源伴っているの窃盗を防ぐために、イモビライザーの鍵作成を行いましょう。

専門の業者に

大きな車

イモビライザーの鍵作成には特殊な技術が必要になります。一般的な鍵屋では対応するのが難しいという事が考えられます。専門の業者に委託してイモビライザーの鍵を作成しましょう。

車の盗難

イタリアの車

日本は多くの人びとが車を利用して移動している車社会です。バスや電車と違い、路線が決められていないので道がある場所であればどこでも移動ができます。
車は大変便利ですが、購入、維持にお金が掛かる乗り物でもあります。新車を購入するのであれば、数百万の出費を覚悟する必要があります。中古車でも数十万円の出費があります。
あまりに安い車だと、快適性に走れなかったり、相次ぐ故障に見舞われる可能性があります。
また、自動車税などの税金が掛かってしまいます、決まった金額の税金を国に収める事で、車を所有する権利を得ることが出来ます。
定期的に車検を行わなければならないのも出費になります。車検を行わずに道路に出ることが警察に知れると、処分を受けます。
車を駐車するための駐車場も必要になるので、駐車場代といった出費も覚悟しなければなりません。

お金をかけて購入、維持して、様々な場所に一緒にいく車は、思い入れを持ちやすいという特徴があります。
大事な存在である車を盗まれるという窃盗被害に合う人が、年間で1万人以上います。車の盗難方法として代表的な方法が、エンジン部分の配線を繋げるという方法です。
配線によってエンジンを始動させることによって、車を移動させることが出来ます。窃盗された車の80%は持ち主に戻ってこずに泣き寝入りしてしまいます。
このような窃盗を防ぐために新しく出来たカギが、イモビライザーというものです。イモビライザーのカギを作成して車の窃盗を防ぎましょう。

必要なもの

すいてる道路

イモビライザーの鍵を紛失した際には、通常の鍵屋では対応できません。イモビライザーの鍵作成を行なっている業作であれば対応することが出来ます。作成作業の前には免許書や自賠責保険証が必要になります。

スペアキーの作成

黄色の車

イモビライザーの鍵作成を行なう際には、スペアキーを作成しておくとよいでしょう。紛失や故障の際に通常の鍵屋では対応が出来ないため、遅くなってしまう可能性があります。スペアキーがあればすぐに車を動かすことが出来ます。

出張の対応

車体

イモビライザーの鍵作成をしてもらう業者はを選ぶ際は、深夜でも対応が出来る業作を選びましょう。通常営業の時間外でも、緊急作業として出動してもらえる業者があります。出張可能エリアが自分の行動範囲内かどうかも重要です。