必要なもの

すいてる道路

物理的なロックだけでは不安を感じている層に、イモビライザーと呼ばれるキーが人気です。
イモビライザーは自動車に搭載されるキーの事で、エンジンを駆動させる時に論理的な認証を行います。
鍵本体に保存された情報で、自動車に登録された情報へとアクセスします。
アクセスに成功したら自動車が起動する仕掛けになっているのです。
自動車のドア部分は物理的なロックのままなので、鍵を複製されると解錠されてしまいます。
しかし電子キーの登録情報は鍵の内部にあり、鍵本体からのサルベージは不可能です。
業者やメーカーに登録した情報にアクセスする必要があるため、第三者が複製する事は極めて困難になります。
管理方法が優れている点もイモビライザーの魅力です。

イモビライザーは高いセキュリティ性能ですが、それが仇になるケースもあります。
情報の管理がしっかり行き届いていない場合です。
電子キーはパソコン系のパスワード管理と同じように、紛失した場合は自己責任になります。
車両の購入店などに問い合わせればサルベージできる可能性もありますが、鍵が使えないせいで生活に支障を来たしてしまうのです。
そうならないように電子キーを紛失した場合の対応を、購入時から考えて置く必要があります。
例えば電子キーの情報を事前に業者へ伝える方法です。
イモビライザーに関する情報を業者に委託しておけば、紛失した場合に責任を持って対応してくれます。
自分で管理する事に不安があるなら管理を依頼する方が賢明です。