イモビライザーとは

海外のパトカー

イモビライザーは自動車の盗難防止のために開発された電子装置です。
イモビライザー搭載車では、キーに内蔵されたICチップに、固有のIDコードが設定されています。
このコードが自動車本体に登録されたIDと一致すれば、初めてエンジンがかかる仕組みです。
鍵の形だけが一致してもエンジンは始動しないため、合鍵による盗難を防ぐ効果があります。
イモビライザー搭載車は、普通の方法でスペアキーを作ることができません。
同じICチップを内蔵したキーを作るか、車両本体のIDコードを変えてしまうしかありません。
こうした技術はすべての合鍵作成業者が持っているわけではないので、依頼するときには注意が必要です。
もちろん業者の信用が重要なことは言うまでもありません。

スペアキーを作れるということは、盗難を100%防ぐことは不可能ということです。
実際、イモビライザー導入により減少していた自動車盗難は、ここ数年は横ばい状態が続いています。
これは窃盗犯がイモビカッターと呼ばれる装置を使うようになったことが理由のひとつです。
イモビカッターはイモビライザーを無効化する働きがあります。
そこで最近では、イモビカッターを無効化する製品も開発されています。
セキュリティを守る側と破る側の技術開発競争は、これからも当分続くことでしょう。
まだ完璧とはいえないイモビライザーですが、欧米の多くの国では装着が義務化されており、日本でも今後はトラックや大衆車への普及が進んでいくと考えられます。