専門の業者に

大きな車

近年、高級乗用車の盗難が増加しています。
ドアの鍵穴を特殊な器具を使用して開けて、エンジンをかけて持ち去る盗難事件が増加しています。
自動車の盗難防止策の一つに、イモビライザーキーがあります。
自動車のエンジンをかけるためには、鍵でイグニッションを回す必要があります。
イモビライザーキーとは、エンジンキーに埋め込まれているIDコードのチップと、エンジン本体に登録されたIDコードが一致しないとエンジンが始動しないシステムです。
エンジンのコンピュータへ登録した以外のキー以外ではエンジンがかかりませんので、盗難防止には非常に有効です。
そのため、この特殊な鍵は通常の鍵カットで作成することはできません。
鍵を複製するには、ディラーへ鍵の作成を依頼する必要があります。

イモビライザー搭載車の出現により、自動車の盗難件数は減少しました。
しかしながら、イモビカッターという特殊な装置を使用する自動車窃盗団がいるとの情報もありますので、イモビ搭載車でも安心できない現状があります。
イモビカッターとは、自動車のエンジンに登録されているIDコードをリセットする機器です。
もともと鍵の作成業者の使用する器具として、開発されたものでした。
エンジンのIDコードをリセットして、別のキーのIDコードを登録することによりエンジンを始動させることが可能になります。
愛知県などの一部の自治体では、イモビカッターの所持や販売を禁止してるところもあります。
自動車の盗難防止策については、イモビライザーなどの物理的な対策以外も検討する必要があります。