スペアキーの作成

黄色の車

鍵をかける事で大切なものを守る手段は、古来より当たり前のように存在しました。
その方式が最初に採用されたのは古代エジプトです。
シリンダーを使った原始的な鍵ですが、誰かの大切なものを狙う人が存在した事を示す反証と言えます。
そして現代においても物理的な鍵は進化しています。
鍵をかける対象は様々ですが、高価な商品であれば数千種類の組み合わせがあると言われています。
複製した鍵を使って犯罪をする事は難しくなりました。
しかしそれでも鍵本体を持ち出せば複製可能です。
だからイモビライザーという技術が注目されるようになりました。
イモビライザーは電子情報を別の場所に保存しているため、鍵本体だけでは複製作業ができない事に利点があります。

イモビライザーはエンジン限定の技術です。
自動車の鍵は車内を守る事と車本体を持ち去られる事態を防ぐ目的があります。
電子キーで車内を守る技術は確立されていません。
しかし窓が壊される可能性は常にあるため、電子的なロックを仕掛ける必要性がほとんどないのです。
以前は高級な車にしかイモビライザーは設置されていませんでした。
なぜなら設置の費用と被害を受けた時の金額が見合っていなかったからです。
しかしイモビライザーの設置費用が安くなった事で、普通の値段の自動車でも搭載されるようになりました。
イモビライザーの値段が下がれば、さらに設置できる自動車は増えます。
最終的に全ての自動車に電子キーが設定される事は夢ではありません。